【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

静かな山あいにある酒蔵「農口尚彦研究所」。88歳で今なお現役で酒を造る農口尚彦とはどんな人物なのか、その人が醸す酒はどんな味なのか……。2021年夏、小松市観音下町(かながそまち)にある農口尚彦研究所を訪ねました。

農口尚彦研究所外観

著書にサインをする農口尚彦杜氏

能登杜氏四天王の一人とされ、「酒造りの神様」とも呼ばれる農口尚彦氏は、1932年石川県内浦町(現能登町)に生まれました。16歳で酒造りの道へ進み、若干28歳で銘醸蔵「菊姫」の杜氏に。失われかけた山廃仕込みに取り組んで醸した酒は、全国新酒鑑評会で通算27回の金賞を受賞しました。菊姫を引退した後も乞われて別の蔵で酒造りをし、2017年に農口尚彦研究所が立ち上がると杜氏として迎えられたのです。

農口尚彦杜氏、88歳。軽やかな足取りで蔵の中を行き来し、今年も酒造りの責任者として仕込みのシーズンを迎えました。

続きはこちらから
 ↓↓
農口尚彦研究所

関連記事

最近の記事

  1. 【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

  2. 食の未来構想ラボ「食品業界最前線」記事公開中

  3. 朝日新聞デジタル・論座「STAR★FILE(スター・ファイル)」記事公開中

  4. 丹波市商工会 にじいろタブレット

  5. 社会福祉法人 貝塚中央福祉会

新着記事

ウェブマガジン 書籍紹介
  1. 【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

  2. 丹波篠山の小田垣商店がリニューアル

  3. 落語家・笑福亭銀瓶著「師弟~笑福亭鶴瓶からもらった言葉」

  1. 師弟 笑福亭鶴瓶からもらった言葉

  2. ディーラリエ流No Jewelry, No Life ~パワージュエリーで人生を変えた女性たち~

  3. 浪速割烹㐂川のおいしい野菜図鑑 秋冬編

アーカイブ