「獺祭」本社蔵前、地域再生のシンボルとしての橋が完成。

2022年7月8日、獺祭の蔵元「旭酒造」(山口県岩国市)の本社蔵の前にある「久杉橋」の完成記念式典が開催されました。
久杉橋は2018年7月の西日本豪雨災害で倒壊し、付近に大きな被害をもたらしました。再建にあたって、この災害の記憶を風化させず、この地の雰囲気に合う橋にしたいと、建築家隈研吾氏のデザインによる新しい橋が完成したのです。
(ウエストプランは、式典と講演会のお手伝いをいたしました)

式典は、山口県土木建築部長、岩国市長、デザインを担当した建築家の隈研吾氏らが出席し、地域再生のシンボルとして、地域の安全な生活を支え、訪れる方の憩いの場として長く愛されることを祈念し、鏡開きが行われました。
県産木材を多く使った新しい久杉橋について、隈氏は、「環境と地域の自然素材を生かすことがこれからの日本に必要。それを象徴する橋になったと思う」と述べられました。

式典に先駆けて旭酒造の施設で行われた、隈研吾氏による講演会には、建築を学ぶ地元の高専生や高校生が招かれ、隈氏自身の建築に対する熱い思いを直接聞くことができました。
式典後には、隈氏の先導による橋の見学会「くまさんぽ」を実施。地元の人や学生らも参加しました。

橋の完成を記念して、直売所「獺祭ストア本社蔵」限定で、隈研吾氏のラフスケッチのラベル付き「獺祭 二割三分」を発売。

<久杉橋>
全長20.8m、幅6.5m、山口県産ヒノキを使用。10.5cmの角材を用いて、美しいカーブを描いた造形。山口県岩国市周東町獺越の東川に架橋。

 

関連記事

最近の記事

  1. 朝日新聞デジタル・論座「STAR★FILE(スター・ファイル)」記事公開中

  2. 【養老孟司さんインタビュー】 新刊「まる ありがとう」に見る人生観

  3. るるぶ&more.「ラニーノーズが深堀り!大阪・ミナミでちょっとディープなカルチャーに浸る一日【吉本芸人連載vol.5】」記事公開中!

  4. 「獺祭」本社蔵前、地域再生のシンボルとしての橋が完成。

  5. にじいろタブレット「ぷっくりおむすびにキュン!オーガニックなランチが大人気」記事公開中

新着記事

ウェブマガジン 書籍紹介
  1. 朝日新聞デジタル・論座「STAR★FILE(スター・ファイル)」記事公開中

  2. 【養老孟司さんインタビュー】 新刊「まる ありがとう」に見る人生観

  3. るるぶ&more.「ラニーノーズが深堀り!大阪・ミナミでちょっとディープなカルチャーに浸る一日【吉本芸人連載vol.5】」記事公開中!

  1. 【養老孟司さんインタビュー】 新刊「まる ありがとう」に見る人生観

  2. 兵庫県北摂地域のグルメガイドを作りました

  3. 【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

アーカイブ