落語家・笑福亭銀瓶著「師弟~笑福亭鶴瓶からもらった言葉」

自身の半生を綴った全416ページの大作を上梓された笑福亭銀瓶さんにインタビュー。

銀瓶さんからのコメントを紹介します。

「自叙伝として書き始めた本ですが、入門してからの33年は師匠・鶴瓶あっての銀瓶です。自分の人生を書きながら鶴瓶のことを描いている本でもあります。皆さんがよくご存知の笑福亭鶴瓶ですが、皆さんが知らない鶴瓶の一面も知っていただけるはずです。この本を通して笑福亭鶴瓶を感じてほしいです」

取材記事はこちらから

関連記事