京都に女王と呼ばれた作家がいた 『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』

著者  花房 観音
定価  1,500円(税抜)
発行  2020年7月

「京都で人が殺されていないところはない」
京都に住み、京都の女を描き続ける花房観音が描く、
京都に住み、京都を描き続けた、山村美紗の生涯。
今ではあたりまえの、ミステリアスな京都の町の面持ちは、山村美紗の小説とドラマ化された作品からきていると言っても過言ではありません。

1996年、日本で一番本が売れた年、帝国ホテルで執筆中に、ベストセラー作家・山村美紗が亡くなった。
次々にヒットを飛ばし、それでもまだ書きたくて、あふれ出るトリックに手が追い付かない。しかし、いくら売れても賞から見放されている。「賞がとりたい」その強烈な思いから解放されることなく逝った美紗はいま、菩提寺の京都東山・泉涌寺に眠る。墓石に書かれた「美」の一文字が、彼女の凄まじい人生を表す。

関連記事

最近の記事

  1. 「ひょうご北摂魅力いっぱいフェア」開催!

  2. 【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

  3. 食の未来構想ラボ「食品業界最前線」記事公開中

  4. 朝日新聞デジタル・論座「STAR★FILE(スター・ファイル)」記事公開中

  5. 丹波市商工会 にじいろタブレット

新着記事

ウェブマガジン 書籍紹介
  1. 【農口尚彦研究所サイトリニューアル】 コピーを担当しました。

  2. 丹波篠山の小田垣商店がリニューアル

  3. 落語家・笑福亭銀瓶著「師弟~笑福亭鶴瓶からもらった言葉」

  1. 師弟 笑福亭鶴瓶からもらった言葉

  2. ディーラリエ流No Jewelry, No Life ~パワージュエリーで人生を変えた女性たち~

  3. 浪速割烹㐂川のおいしい野菜図鑑 秋冬編

アーカイブ